リフォームなどのサービスを活用する|エコな住まいをゲット!

住宅地

たくさん得をする

親子

住宅のリフォームをする上でオール電化の工事をしようと思っています。色々とガスを使っているものが多いですが、具体的にどういう箇所の工事が必要になるのでしょうか。オール電化対応の住宅にする為の工事を受ける際は、以下のような箇所に工事をすることが必要であるとされています。1・分電盤、住宅で使われている電気量の電圧を単相三線式設設備に変える工事になります。主に分電盤で電圧を変えるような形で工事が進められますが、既に単相三線式設設備である場合も電力量が増えることを見越して、太線にすることが必要であるとされています。2・キッチン、多くの家庭で使われているコンロは、火を使うガスコンロであるところが多いです。このコンロを電気で熱を与えて調理することができるIHクッキングヒーターに変える工事が行われます。3・給湯器、ガスや石油タイプの給湯器を電気の力で稼働する給湯器に変える工事を行います。近年はエコキュートシリーズが人気を集めていて、エコで省エネ効果が高いことが大きな注目を集めています。

オール電化をお得に活用する方法があります。例えば、光熱費を一本化する際にお得な「電化上手」や「全電化住宅割引」という制度を活用することができます。電気代が大幅に割引になるので、年ベースで見てみると数万円~数十万円はお得になる世帯もあるみたいですよ。更に、オール電化で一番節約できる給湯器は、大幅ダウンができるようになっています。我が家でもオール電化で住宅を改装しましたが、毎月の光熱費が家族4人で1万円以上は安くなっています。年間で考えると12万円以上は得していることになるので、工事費用の元もすぐに取れましたよ。